ホーム > 生活環境論

生活環境論

自然のシステムに学ぶ

生活環境論
著者 梅澤 直樹
片山 雅男
久米 直明
田中 真澄
濱田 仁
ジャンル 生活科学
出版年月日 1998/04/10
ISBN 9784759805864
判型・ページ数 B5・196ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 品切れ・重版未定
ご購入の書店をお選びください
  • Amazon
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • TSUTAYA online
  • Honya Club.com
  • ローチケHMV
 
この本に関するお問い合わせ、感想
 

内容説明

環境論とは何なのか,いまの環境問題をどのように考えていけばいいのか,私たちに何ができるだろう.まず,何をするべきなのだろう.このような問いかけに対するさまざまな答えが,「自然のシステムに学ぶ」という考え方に基づいて丁寧に述べられている.巻末には座談会と重要語集が載せられている. 

このページのトップへ

目次

序.さまざまな環境問題
(地球を脅かす環境問題/廃棄物処理の問題/環境問題とその費用/他) 
1.水
(水質の表し方/さまざまな環境毒性物質/水質を浄化するには/他) 
2.生きものの暮らし方に学ぶ
(自然のしくみ/自然の移り変わりと動的平衡/里山の生態学/他) 
3.自然と生命
(ダムの問題点/鴨川ダム計画と市民運動/山と川への展望/生命の識) 
4.環境問題と社会のあり方
(環境問題と経済・社会/21世紀の経済像を求めて/他)
5.環境・人・文化
(身近な環境問題を考える/環境問題への新しい視点/われわれの選択/再び,環境論とは何だろう/他) 
終.どんなメッセージを,いかに伝えるか 

このページのトップへ