ホーム > 衣生活論

衣生活論

衣生活論
著者 藤原 康晴
前川 輝彦
村岡 雍一郎
矢井田 修
横川 公子
ジャンル 生活科学
出版年月日 1994/05/15
ISBN 9784759805819
判型・ページ数 B5・120ページ
定価 本体1,500円+税
在庫 在庫あり
ご購入の書店をお選びください
  • Amazon
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • TSUTAYA online
  • Honya Club.com
  • ローチケHMV
 
この本に関するお問い合わせ、感想
 

内容説明

現代の衣生活をめぐる状況を整理し解説.着衣としての被服学的側面から,ファッションや生活表現としての被服,心理面までを考察.

このページのトップへ

目次

1.衣とは何か(着衣の意義/服装の歴史/現代社会における衣)

2.衣の素材(素材としての繊維・糸・布/布の性能・加工)

3.着心地の追及(温熱環境のとらえ方/動きやすさと衣服/衣服による精神の解放)

4.快適な衣生活の継続(外観や形態の変化/皮膚にやさしい衣服/周囲環境の危害からの防護/他)

5.社会生活と衣服(社会と構造/生活感情と衣服の流行/生活の表現としての衣服)  

このページのトップへ