ホーム > 服飾を生きる

服飾を生きる

文化のコンテクスト

服飾を生きる
著者 横川 公子
ジャンル 生活科学
出版年月日 1999/03/01
ISBN 9784759808216
判型・ページ数 A5・190ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 品切れ・重版未定
ご購入の書店をお選びください
  • Amazon
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • TSUTAYA online
  • Honya Club.com
  • ローチケHMV
 
この本に関するお問い合わせ、感想
 

内容説明

「服飾史」を中心とした教科書が多いなかで,特に服飾文化論の内容と体系を取り上げ,歴史的だけでなく地域的にも多様に見られる服飾を,人間や社会の現象,つまり文化を通して考え直そうとする,新しい構成の教科書.問題の発見と立て方,研究の方法,成果の記述方法などが,興味深いエピソードを中心に述べられている.

このページのトップへ

目次

1部 服飾研究の問題点
1章 服飾は語る
(はじめに/目的 /方法/この本の構成)
2章 服飾研究の資料
(服飾研究の資料/ディズニー映画の「読みかた」/絵巻物の「読みかた」/文字資料の「読みかた」/実物資料の「読みかた」)
3章 たのむ・つくる・着る
(中世ヨーロッパにおける贈与/注文者としての武家女性の行動/手づくりと着用/素材へのこだわり)
2部 服飾研究の展開
1章 服飾をつくる
(着物とは何か/服飾の手本(モデル))
2章 服飾を着る
(着つける/洒落る)
3章 服飾を生きる
(文学と図像によるジェンダー論/「女と男」から読む服飾文化)
4章 服飾と産業
(技術導入と服飾/西洋風の広がり)
5章 服飾と伝統
(能装束と名物裂/国際化ファッション)

このページのトップへ