ホーム > 化学結合の基礎

化学結合の基礎

化学結合の基礎

化学結合と分子構造の理解に最適

著者 J.Barret
吉澤 一成
ジャンル 物理化学
物理化学 > その他教科書
シリーズ チュートリアル化学シリーズ 
出版年月日 2004/04/28
ISBN 9784759810059
判型・ページ数 B5・168ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 在庫あり
ご購入の書店をお選びください
  • Amazon
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • TSUTAYA online
  • Honya Club.com
  • ローチケHMV
 
この本に関するお問い合わせ、感想
 

内容説明

化学や材料科学を学ぶうえでの基礎知識となる化学結合と分子構造を,平易にまとめあげる.原子論と群論に基づき,共有結合,金属結合,イオン結合,バンド構造などを,原子価結合法と分子軌道法を対比させながら解説.内容を精選し,理解を深める例題,章末問題を多数収録.

詳細目次

訳者略歴

訳者まえがき

訳者HP:吉澤研究室

このページのトップへ

目次

1章 原子理論の基礎(ハイゼンベルクの不確定性原理/原子軌道/他)
2章 分子の対称性と群論(分子の対称性/点群と指標表)
3章 共有結合I 水素分子イオンH2+と水素分子(イオン結合,共有結合および配位結合/他)
4章 共有結合II 二原子分子とその結合長,結合の強さ(第2短周期の元素の等核二原子分子/他)
5章 共有結合III 三原子分子,結合角(三原子分子/電子対反発理論/他)
6章 共有結合IV 多原子分子(アンモニア/メタン/他)
7章 金属結合とイオン結合(金属の結晶構造/金属? それとも非金属?/他)
補遺/章末問題の解答

このページのトップへ