ホーム > 分子マシンの科学

分子マシンの科学 (CSJ: 26) 新刊

分子の動きとその機能を見る

分子マシンの科学

2016年ノーベル化学賞となった「分子マシン」について,日本の研究者たちが,生体マシン・合成マシン両面から徹底解説.

著者 日本化学会
ジャンル 化学一般
化学一般 > 参考書
シリーズ CSJカレントレビュー
出版年月日 2017/08/25
ISBN 9784759813869
判型・ページ数 B5・216ページ
定価 本体4,200円+税
在庫 在庫あり
ご購入の書店をお選びください
  • Amazon
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • TSUTAYA online
  • Honya Club.com
  • ローチケHMV
 
この本に関するお問い合わせ、感想
 

内容説明

近年,立体構造の変化を伴い,与えられた刺激に反応することができる分子,すなわち分子マシンが設計,合成され,さらにその有効利用が展開されつつある.このことは2016年度のノーベル化学賞にも象徴されている.一方,生物学はタンパク質や核酸で構成される分子マシンの解明が本質であると言ってもよい.化学で合成される分子マシンと生物学で調べられる分子マシンを徹底的に解説,比較する.

このページのトップへ

目次

PartⅠ 基礎概念と研究現場(フロントランナーに聞く/生体分子マシンの基礎/合成分子マシンの基礎/他)
PartⅡ 研究最前線(高速AFMによる動作中の生体分子マシンのビデオ撮影/マイクロチップを用いて明らかにするATP合成酵素の作動機構/細胞骨格ゲルのダイナミクスで駆動される回虫精子のアメーバ運動/ロタキサンおよび擬ロタキサンにおける環状成分の並進運動に基づく分子マシン/アゾベンゼンポリマーの分子マシン/分子機械のブラウニアン・ラチェットとアロステリック機構/回転軸を分子に組み込む:動的分子認識,分子ローター,分子ギア他)
PartⅢ 役に立つ情報・データベース(革新論文/他)

このページのトップへ