ホーム > 物理化学

物理化学

物理化学
著者 真船 文隆
渡辺 正
ジャンル 物理化学
物理化学 > 物理化学教科書
シリーズ 化学はじめの一歩シリーズ
出版年月日 2016/07/15
ISBN 9784759816327
判型・ページ数 B5・196ページ
定価 本体2,300円+税
在庫 在庫僅少
ご購入の書店をお選びください
  • Amazon
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • TSUTAYA online
  • Honya Club.com
  • ローチケHMV
 
この本に関するお問い合わせ、感想
 

内容説明

化学の基本理論を解き,理解を深めるため,単純な水素原子を出発点にしながら,やや複雑ないくつかの原子も眺める.原子がつながり分子になる理由,分子どうしが引き合う理由もつかむ.熱力学,化学反応と化学平衡,電気化学,光と分子のからみ合いも探る.イラスト・図を多用.本格的な教科書に挑む前の肩ならしに.半期用.

PDF 章末問題詳細解答

このページのトップへ

目次

序章(第1話 塩はなぜ氷を融かす?/第2話 車の触媒は何をする? /第3話 雨は弱酸性なのに,なぜ陸水や海水は弱塩基性なのか?)
1章 原子と電子(原子の成り立ち/核外電子のエネルギー/ボーアのモデル/量子化の背景)
2章 水素原子(電子の衣/シュレーディンガー方程式/量子数/状態とエネルギー/電子の分布/波動関数の広がり/ 節の数/波動関数とその2乗/振り返り:水素原子の発光線)
3章 多電子原子(構成原理/電子配置/電子殻/基底状態と励起状態/電子の分布とエネルギー)
4章 分子の形成(共有結合/ルイス構造/電子対反発モデル/混成軌道/分子軌道/酸素分子/異核二原子分子)
5章 分子間力(分子間に働く力/分子間力と状態変化/分子の運動/気体の圧力/理想気体と実在気体)
6章 熱力学 (1)第一法則(分子と分子集団/発熱反応と吸熱反応/物質の熱エネルギー/体積変化に伴う仕事/内部エネルギーと熱力学第一法則/エンタルピー/標準生成エンタルピー/標準生成エンタルピーと状態変化/熱容量)
7章 熱力学(2) 第二法則(吸熱変化/エントロピー/ギブズエネルギー/標準生成ギブズエネルギー/化学変化と最大仕事)
8章 反応の速さ(熱力学と速度論/課題の設定:オゾン層の生成/一次・二次・三次反応/素反応のつながり/図解でみる反応タイプ/オゾン生成のモデル)
9章 化学平衡(変化の向きと rGº/化学ポテンシャル/反応の進行度/平衡状態/平衡定数/化学ポテンシャルと活量/溶液中の平衡)
10章 電気化学(電圧と電位/ダニエル電池/電極反応と電位/標準電極電位/標準電極電位が語ること/ネルンストの式/標準起電力と平衡定数/式量電位/活性化エネルギー/電解電流/電解/電解生成物)
11章 光と分子
(電磁波と光/光の吸収と補色/光の吸収・放出とエネルギー準位/電子・振動・回転状態/電子状態と光/振動状態と光/回転状態と光/波長域でみる電子・振動・回転励起)
終章 物理化学とノーベル賞(原子のつくりと量子力学/量子化学・化学結合論/熱力学・溶液論・反応論)

このページのトップへ