ホーム > 生体膜の分子機構

生体膜の分子機構

リピッドワールドが先導する生命科学

生体膜の分子機構
著者 梅田 真郷
ジャンル 生化学・生物科学
生化学・生物科学 > その他参考書
シリーズ DOJIN BIOSCIENCE SERIES
出版年月日 2014/10/30
ISBN 9784759815160
判型・ページ数 B5・264ページ
定価 本体5,600円+税
在庫 在庫あり
ご購入の書店をお選びください
  • Amazon
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • TSUTAYA online
  • Honya Club.com
  • ローチケHMV
 
この本に関するお問い合わせ、感想
 

内容説明

生命現象の謎を解く鍵として必要不可欠である,膜における脂質分子の動きやその制御機構の解明について,膜の脂質分子自体の動きや機能を中心に解説.

このページのトップへ

目次

1. 脂質の構造と代謝 
2. 古細菌の膜と脂質
3. 原核生物の膜と脂質
4. 脂質の機能
5. リピッドワールドの物理――脂質ベシクルの形態とダイナミクス
6. 脂質のダイナミクス
7. 脂質の分子進化と生命の起源
8. 人工細胞へのアプローチ

このページのトップへ