ホーム > 極限環境の生体分子

極限環境の生体分子

過酷な環境下での機能を科学する

極限環境の生体分子
著者 日本化学会
ジャンル 生化学・生物科学
生化学・生物科学 > その他参考書
シリーズ CSJカレントレビュー
出版年月日 2014/11/14
ISBN 9784759813777
判型・ページ数 B5・196ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
ご購入の書店をお選びください
  • Amazon
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • TSUTAYA online
  • Honya Club.com
  • ローチケHMV
 
この本に関するお問い合わせ、感想
 

内容説明

高圧や高温,超臨界,強酸性,強アルカリ性,酸化ストレス,高塩濃度,イオン液体,放射線といった,「常温・常圧」ではない「異常な」環境下におけるタンパク質や核酸などの生体分子の挙動を明らかにする方法を解説.広範囲な極限環境での生命化学の新しい方向性を探る.

このページのトップへ

目次

PartⅠ 基礎概念と研究現場(高圧力化学の基礎/超臨界流体の基礎/イオン液体の基礎/歴史と将来展望/他) 
PartⅡ 研究最前線(超好熱菌のゲノム情報とポストゲノム研究/低温菌のタンパク質と脂質/アルカリ酵素の極限環境耐性機構/好酸性好熱菌のタンパク質/酸化ストレスと細胞死/無酸素下における生命/塩耐性タンパク質/生体膜と圧力/タンパク質の圧力変性機構/高圧力下での核酸の化学的挙動/超臨界流体クロマトグラフィーのメタボロミクスへの応用/イオン液体へのタンパク質の可溶化と機能化/セルロース溶解性のイオン液/放射線,紫外線照射,老化によるタンパク質への影響とその分析/他) 
PartⅢ 役立つ情報・データ

このページのトップへ