ホーム > 進化を続ける構造生物学

進化を続ける構造生物学

新たなタンパク質機能の解明と創出

進化を続ける構造生物学
立ち読みする
著者 松島 正明
伊中 浩治
ジャンル 生化学・生物科学
生化学・生物科学 > その他参考書
シリーズ DOJIN BIOSCIENCE SERIES
出版年月日 2014/07/30
ISBN 9784759815153
判型・ページ数 B5・216ページ
定価 本体4,500円+税
在庫 在庫あり
ご購入の書店をお選びください
  • Amazon
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • TSUTAYA online
  • Honya Club.com
  • ローチケHMV
 
この本に関するお問い合わせ、感想
 

内容説明

構造を解析すること自体が目的の構造生物学の時代は終わった.これからはさまざまな分野で,構造解析を前提とした研究がなされるだろう.構造生物学は,あらゆる学問分野の基盤になるという新時代を迎えたのだ.

このページのトップへ

目次

ノーベル賞受賞者からのメッセージ1 Robert Huber
ノーベル賞受賞者からのメッセージ2 Johann Deisenhofer
1 結晶構造解析の基礎 
2 偶然に頼らないタンパク質結晶化―迷宮からの脱出を目指して―
3 タンパク質の高度精製と高分解能結晶の作成
4 長波長X線の利用と展望―できれば簡単に構造解析したい―
5 細胞表面受容体の不安定なリガンド複合体の発現・結晶化
6 放射光を利用したウイルス粒子の構造解析
7 タンパク質に新しい力(機能)を与える
8 タンパク質のリアルなシミュレーションへの挑戦―一人のプロジェクトからみんなのプロジェクトへ―
9 構造・物性解析が解明した抗原抗体反応―標的分子への特異性と親和性創出の仕組み―
10 電子密度分布は構造の全てを語る
11 宇宙実験から難病の治療薬開発まで

このページのトップへ