ホーム > 人類はどこから来て,どこへ行くのか

人類はどこから来て,どこへ行くのか

人類はどこから来て,どこへ行くのか

あのエドワード・ウィルソンが自らの研究と思想をまとめた総決算の書.

著者 Edward O. Wilson
斉藤 隆央
巌佐 庸 解説
ジャンル 科学読み物
科学読み物 > 科学一般に関する読み物
出版年月日 2013/10/23
ISBN 9784759815641
判型・ページ数 4-6・416ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
ご購入の書店をお選びください
  • Amazon
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • TSUTAYA online
  • Honya Club.com
  • ローチケHMV
 
この本に関するお問い合わせ、感想
 

内容説明

大きな反響を呼んだ『社会生物学』の刊行から約40年,著名な生物学者であるE. O. ウィルソンが,自らの研究と思想をまとめた総決算の書.アリの社会性を糸口に,人間社会に見られる高度な協力がいかに進化してきたかを明らかにする.自然人類学,社会心理学,歴史学,考古学,脳科学,生態学などの知見を駆使して,われわれの来し方行く末を追う.

このページのトップへ

目次

プロローグ

Ⅰ なぜ高度な社会性をもつ生命が存在するのか?
1 人間の条件

Ⅱ われわれはどこから来たのか?
2 進化に至るふたつの道
3 アプローチ
4 今に至る
5 進化の迷路を抜けて
6 創造的な力
7 同族意識はヒトの基本的な習性
8 戦争は人間が受け継いできた呪いか
9 出アフリカ
10 創造的爆発
11 文明への猛ダッシュ

Ⅲ いかにして社会性昆虫は無脊椎動物の世界を支配するに至ったのか?
12 真社会性の発明
13 社会性昆虫を進化させた発明

Ⅳ 社会進化の力
14 希少性にかんする科学的な謎
15 昆虫の利他行動と真社会性の説明
16 昆虫が大きな飛躍をなし遂げる
17 自然選択がいかにして社会性昆虫を生み出すのか
18 社会進化の力
19 真社会性の新理論の登場

Ⅴ われわれは何者か?
20 人間の本性は何か?
21 文化はどのように進化したか
22 言語の起源
23 文化の多様性の進化
24 道徳と名誉の起源
25 宗教の起源
26 創造的な芸術の起源

Ⅵ われわれはどこへ行くのか?
27 新たな啓蒙運動

解説

このページのトップへ