ホーム > 医薬品のプロセス化学(第2版)

医薬品のプロセス化学(第2版)

医薬品のプロセス化学(第2版)
立ち読みする
著者 日本プロセス化学会
ジャンル 薬学
薬学 > 参考書
出版年月日 2012/04/01
ISBN 9784759814934
判型・ページ数 B5変・152ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
ご購入の書店をお選びください
  • Amazon
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • TSUTAYA online
  • Honya Club.com
  • ローチケHMV
 
この本に関するお問い合わせ、感想
 

内容説明

原薬を,大量,安全,高品質,経済的,環境低負荷に供給できる工業的製造法の検討を行う,プロセス化学の基礎をやさしくまとめた.スケールの大きい製造現場でとられている,撹拌,濃縮,単離精製,試薬・触媒の選択,危険性評価等の方法をわかりやすく解説.また,市販医薬品の開発過程を実例をあげて紹介している.若い人たちにプロセス化学への熱い思いを伝えたい情熱あふれる,第一線で活躍の研究者たちによる執筆.

このページのトップへ

目次

<PART1 プロセス化学とは>
1章 プロセス化学への誘い
2章 医薬品開発とプロセス化学はどうかかわっているか
3章 プロセス化学の役割
<PART2 プロセス化学の基礎を学ぶ>
4章 環境に配慮する
5章 実験室とどう違うか
6章 合成ルートをどう選ぶか
7章 溶媒の選び方
8章 反応剤・触媒をどう選ぶか
9章 反応危険性の評価と対策
10章 品質保証のために
11章 法規制にはどのようなものがあるか~医薬品の品質確保と品質保証のために~
<PART3 医薬品開発の現場からプロセス化学を学ぶ>
12章 塩酸ドネペジル~反応剤の工夫が大切~
13章 ジルチアゼム~収率の高い合成法の開発がカギ~
14章 抗真菌剤 ミカファンギン~アシル化反応が決め手~
15章 狭心症治療薬 ニコランジル~不純物の制御と危険性回避がキーポイント~
16章 抗生物質 セフォテタン~合成工程を最適化する~
17章 キノロン系合成抗菌薬 レボフロキサシン~第二世代プロセスの探索~
18章 カルバペネム系抗生物質中間体~不斉合成と触媒設計の勝利~
19章 糖尿病薬トログリタゾン~固体物性を制御する~
20章 これからのプロセス化学~明日の創薬化学を支援する~

このページのトップへ