ホーム > 化学のブレークスルー【機器分析編】

化学のブレークスルー【機器分析編】

革新論文から見たこの10年の進歩と未来

化学のブレークスルー【機器分析編】
著者 化学同人編集部
ジャンル 月刊化学(雑誌) > 別冊化学
分析化学
シリーズ 月刊『化学』/別冊化学
出版年月日 2011/04/18
雑誌コード 0233005
判型・ページ数 A4・96ページ
定価 本体952円+税
在庫 在庫あり
ご購入の書店をお選びください
  • Amazon
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • TSUTAYA online
  • Honya Club.com
  • ローチケHMV
 
この本に関するお問い合わせ、感想
 

内容説明

 

★雑誌「化学」定期購読をお申込みの際はこちらをご覧ください★

 

 http://www.kagakudojin.co.jp/kagaku/teiki_form.html

 

★『別冊化学』ご購入について★

 

 書店・大学生協・小社営業部までお問い合わせください.

 

  営業部メールアドレス: eigyoukagakudojin.co.jp
*スパムメール防止のため@は全角で表示しております.ご利用の際は半角に修正後、送信していただけますようお願い申し上げます.

 

 ----------------------------------------------------------------------------

 

日本・世界の分析化学を牽引する研究者が,機器分析の10年の進展を振り返りながら,これからの動向を探っていく.第一部では,錚々たるメンバーが座談会形式で各々の視点から分析化学のこれまでの10年間を振り返りつつ,今後発展する分野やその可能性について述べる.第二部では,最先端の11人の研究者が「ここ10年の革新論文」を5報挙げ,それぞれについて解説.

このページのトップへ

目次

1.座談会 2.私が選ぶ“革新論文” 朝倉清高(北海道大学),河合潤(京都大学),瀬藤光利(浜松医科大学),田中信男(ジーエルサイエンス株式会社),馬場嘉信(名古屋大学),原田明(九州大学),平岡賢三(山梨大学),平田岳史(京都大学),藤浪眞紀(千葉大学),藤原敏道(大阪大学),森田清三(大阪大学)

このページのトップへ