ホーム > 月刊化学 2010年12月号

月刊化学 2010年12月号

月刊化学 2010年12月号

『化学』は研究者がいちばん知りたい,面白い情報をご提供します

ジャンル 月刊化学(雑誌)
月刊化学(雑誌) > 化学2010年(65巻)
出版年月日 2010/11/18
雑誌コード 0232910
判型・ページ数 A4変・80ページ
定価 本体800円+税
在庫 在庫あり
ご購入の書店をお選びください
  • Amazon
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • TSUTAYA online
  • Honya Club.com
  • ローチケHMV
 
この本に関するお問い合わせ、感想
 

内容説明

★定期購読をお申込みの際はこちらをご覧ください★

 http://www.kagakudojin.co.jp/kagaku/teiki_form.html

★雑誌の最新号・バックナンバーのご購入について★

 Fujisan_link 書店・大学生協・小社営業部までお問い合わせください.

  営業部メールアドレス: eigyoukagakudojin.co.jp
*スパムメール防止のため@は全角で表示しております.ご利用の際は半角に修正後、送信していただけますようお願い申し上げます.

----------------------------------------------------------------------------

【特集】バイオ燃料はエネルギー問題を救うか

〔インタビュー〕石油を生みだす藻?!─ボトリオコッカスの重油生産メカニズムと今後の期待 ●渡邉 信

〔解 説〕世界がしのぎを削るバイオ燃料技術─研究動向とIEA のシナリオ ●横山伸也

〔基礎講座〕バイオ燃料の今を知る! ●芋生憲司

〔オピニオン〕バイオ燃料は本当にCO2を減らしてくれるのか? ●穴澤秀治

〔時 評〕バイオ燃料─海外はどうなっているか? 日本はどうするか? ●五十嵐泰夫

〔研究現場から〕
 1. 新しい固体触媒の開発 ●馬場俊秀・宮地輝光
 2. FT合成 ●椿 範立
 3. 細胞表層工学 ●植田充美

〔まとめ〕バイオ燃料に未来はあるのか ●横山伸也

〔コーヒーブレイク〕バイオ燃料あれこれ
 1. 海藻からバイオエタノールをつくる! ●佐藤 實
 2. ヒツジのフンがバイオ燃料をつくる?! ●横山 浩
 3.中米原産「ジャトロファ」への期待と課題 ●柴垣奈佳子

【緊急解説】2010年ノーベル化学賞

クロスカップリング研究の流れを追う Heck・鈴木・根岸のブレークスルーはどこにあったか ●大嶌幸一郎

〔図 解〕一目でわかるクロスカップリング反応 ●『化学』編集部

〔年 表〕クロスカップリング反応に関連した研究の流れ ●『化学』編集部

 *** 好評連載 ***

◆トピックスで読む日本一やさしい免疫読本[最終回]
免疫の力でがんに挑む 外傷はできず副作用少ない魅力 ●中嶋 彰

◆カガクへの視点
「わからない」感覚を理解する ●内田麻理香

◆研究者ノート
 ◎Mac?! Win?! ●松崎有未
 ◎大学における研究の存在意義 ●松下祥子

◆クイズで学ぶ用語の誤用[最終回]

◆編集室から

2010年度総目次

2010年の化学】

<注目の論文>
光合成を再現/離れたドメインの共同性/流動誘起構造転移は不可逆か?

<最新のトピックス>
溶液NMR で解析する膜タンパク質/水素化脱硫触媒の最近の展開/金属で光を捉える

*執筆者プロフィール

このページのトップへ