ホーム > ブルース有機化学概説(第3版)

ブルース有機化学概説(第3版)

ブルース有機化学概説(第3版)
著者 Paula Y. Bruice
大船 泰史 監訳
香月 勗 監訳
西郷 和彦 監訳
富岡 清 監訳
ジャンル 有機化学
有機化学 > 有機化学教科書
出版年月日 2016/11/30
ISBN 9784759818314
判型・ページ数 B5・800ページ
定価 本体5,500円+税
在庫 在庫あり
ご購入の書店をお選びください
  • Amazon
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • TSUTAYA online
  • Honya Club.com
  • ローチケHMV
 
この本に関するお問い合わせ、感想
 

内容説明

有機反応の原理や概念を重視し,応用力を養うために配慮された定評ある教科書「ブルース有機化学」のエッセンシャル版.今回の改訂では,電子移動や逆合成解析など,学生が実際に手を動かして理解を深められるよう工夫された「チュートリアル」が追加されたほか,酵素・ビタミンや高分子,ラジカル反応などの解説が充実化されている.生物有機化学を重視した,ライフサイエンス系学部の講義に最適.原著名:"Essential Organic chemistry, 3rd ed."

pdf付録

pdf解答

*************************

【オンライン提供の教材について】

本書の「18章 酵素触媒反応の機構・ビタミンの有機化学」(p.678〜729),「付録1 有機化合物の物理的性質」,「付録2 スペクトル解説表」,「問題の解答」はPDFファイルでの提供となっております.
pdf18章

*************************

本書を教科書採用いただいた先生には,教師用CD(18章のPDF,全章の図表(パワーポイントファイル),付録,問題の解答を収録)を進呈します.
お問合せは小社営業部まで.

このページのトップへ

目次

1. 一般化学の復習:電子構造と結合
2. 酸と塩基
3. 有機化合物への招待
4. 異性体:原子の空間配置
5. アルケン
6. アルケンおよびアルキンの反応
7. 非局在化電子が化合物の安定性,反応性,およびpKaに及ぼす効果
8. ハロゲン化アルキルの置換反応と脱離反応
9. アルコール,アミン,エーテル,およびエポキシドの反応
10. 有機化合物の構造決定
11. カルボン酸とカルボン酸誘導体の反応
12. アルデヒドおよびケトンの反応・カルボン酸誘導体のさらなる反応
13. カルボニル化合物におけるα炭素上での反応
14. ラジカル
15. 合成高分子
16. 炭水化物の有機化学
17. アミノ酸,ペプチド,タンパク質の有機化学
18. 酵素は反応をどのように触媒するか・ビタミンの有機化学【オンライン提供】
19. 代謝の有機化学
20. 脂質の有機化学
21. 核酸の化学
用語解説,付録,索引

このページのトップへ