ホーム > ゲノムを司るインターメア

ゲノムを司るインターメア

非コードDNAの新たな展開

ゲノムを司るインターメア
立ち読みする
著者 小林 武彦
シリーズ DOJIN BIOSCIENCE SERIES
出版年月日 2015/11/30
ISBN 9784759817249
判型・ページ数 B5・248ページ
定価 本体5,600円+税
在庫 在庫あり
ご購入の書店をお選びください
  • Amazon
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • TSUTAYA online
  • Honya Club.com
  • ローチケHMV
 
この本に関するお問い合わせ、感想
 

内容説明

真核生物ゲノムの大半を占める非コードDNA.そのなかの「インターメア」は遺伝子の運び屋である染色体の基本機能を支える中心であり,遺伝子の発現調節,細胞増殖,進化を実質的に制御していることが近年わかってきた.本書ではその最前線を紹介する.

このページのトップへ

目次

1. ゲノムを支えるインターメアの機能
2. インターメアの解析法
3. ゲノム進化メカニズムと情報学的解析
4. 非コードDNA と高次クロマチン構造
5. インターメアを支えるDNA メチル化の分子基盤
6. インターメアのヌクレオソーム配置とその変換機構
7. ゲノムを支えるインターメアの機能(1):セントロメア機能とサテライトDNA
8. ゲノムを支えるインターメアの機能(2):テロメア機能とサブテロメア
9. 転移因子が構成するインターメアとその機能
10. リボソームRNA 遺伝子のゲノム維持における役割
11. ゲノム脆弱部位の維持と機能
12. 非コードDNA・インターメアを介したDNA 再編成
13. 非コードDNA 領域のDNA 損傷応答
14. バクテリアにおける非コードDNA 領域の機能
15. ヒトと類人猿に見られる非コードDNA の大きな違い
16. インターメアと疾患:機能性をもつAlu 配列

このページのトップへ