ホーム > ボール物理化学 (第2版) 〔下〕

ボール物理化学 (第2版) 〔下〕

ボール物理化学 (第2版) 〔下〕
著者 David W. Ball
田中 一義 監訳
阿竹 徹 監訳
ジャンル 物理化学
物理化学 > 物理化学教科書
出版年月日 2016/01/30
ISBN 9784759817904
判型・ページ数 B5・480ページ
定価 本体5,200円+税
在庫 在庫あり
ご購入の書店をお選びください
  • Amazon
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • TSUTAYA online
  • Honya Club.com
  • ローチケHMV
 
この本に関するお問い合わせ、感想
 

内容説明

教育的配慮の光る物理化学のテキストが,全頁カラー化し,11年ぶりの改訂.概念の詳しい解説,数式の丁寧な導出という特徴はそのままに,例題の補足説明,重要な数式のおさらい,章末問題数の増加など,学部生向けの教科書として,さらに充実.一方で,熱力学では分子レベルの現象にも言及し,化学の根本的な理解を促す.

教科書採用いただいた先生には,章末問題(奇数)の詳解を収録した『ボール物理化学(第2版)問題の解き方(英語版)』および章末問題(偶数)の詳解を収録した教師用CDを進呈します.

 pdf正誤表(1刷)

<著者紹介>

David W. Ball

1983年,Baylor Universityを卒業.1986年,Rice Universityにて修士号を取得し,1987年には赤外線分光の研究によって博士号を得る.その後,Lawrence Berkeley Laboratoryでの研究生活を経て,1990年にCleveland State University助教授,2002年には同教授に就任し現在に至る.研究テーマは赤外線分光,コンピュータ化学,燃料物質の熱化学など.学生の教育にも熱心なことで知られ,関係した多くの受賞歴がある.

 

このページのトップへ

目次

第13章 量子力学における対称性
第14章 回転分光学と振動分光学
第15章 電子分光学と分子の構造
第16章 磁気分光学
第17章 統計熱力学
第18章 さらに統計熱力学について
第19章 気体運動論
第20章 反応速度論
第21章 固体−結晶について−
第22章 表面

このページのトップへ