ホーム > アト秒科学

アト秒科学

1京分の1秒スケールの超高速現象を光で観測・制御する

アト秒科学
立ち読みする
著者 大森 賢治 編著
石井 順久
石川 顕一
板谷 治郎
香月 浩之
森下 亨
渡部 俊太郎
ジャンル 物理化学
物理化学 > 参考書
出版年月日 2015/08/10
ISBN 9784759818055
判型・ページ数 A5・200ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
ご購入の書店をお選びください
  • Amazon
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • TSUTAYA online
  • Honya Club.com
  • ローチケHMV
 
この本に関するお問い合わせ、感想
 

内容説明

原子・分子の中を1京分の1秒スケールで動き回る電子をレーザー光で直接観測できるようになった.化学反応の積極制御や超高速情報処理も期待できる.このような光-原子(分子)結合系の動的挙動に,第一線の研究者が,理論と実験両面からアプローチ,わかりやすく解説する.

pdf正誤表(1刷)

このページのトップへ

目次

1章 アト秒光パルス発生の理論(ポンデロモーティブエネルギー/強レーザー場中のイオン化)
2章 アト秒領域のダイナミクス―トンネルイオン化の数理(一様静電場中の水素様原子/一様静電場中の原子・分子)
3章 アト秒光パルス発生の実験(超短パルス高出力レーザー/高次高調波の発生)
4章 アト秒光パルスの応用研究(アト秒光パルスの計測法/アト秒光パルスを用いた超高速分光)
5章 アト秒精度の極限コヒーレント制御(二原子分子の電子振動波束/ダブルパルス励起による波束干渉制御)

このページのトップへ