ホーム > 分子脳科学

分子脳科学

分子から脳機能と心に迫る

分子脳科学
立ち読みする
著者 三品 昌美
ジャンル 生化学・生物科学
生化学・生物科学 > その他参考書
シリーズ DOJIN BIOSCIENCE SERIES
出版年月日 2015/04/10
ISBN 9784759815191
判型・ページ数 B5・312ページ
定価 本体6,300円+税
在庫 在庫あり
ご購入の書店をお選びください
  • Amazon
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • TSUTAYA online
  • Honya Club.com
  • ローチケHMV
 
この本に関するお問い合わせ、感想
 

内容説明

高等動物に踏み込み大きく発展した分子脳科学は,個別的な研究にとどまらず,分子,細胞,神経回路,脳のシステムという多次元的視点に基づいた機能理解を目指す地平に到達した.現代の脳科学の最前線を総合的に,かつ平易に解説した.

このページのトップへ

目次

PART I 体を動かす
1 神経筋接合部のシナプス伝達 
2 脊髄の運動神経とALS 
3 大脳運動野の運動制御 
4 大脳基底核の運動制御,パーキンソン病 
5 小脳の運動制御

PART II 外界の情報を捉える
6 視覚系、大脳感覚野,認知 
7 嗅覚系 
8 体性感覚、痛覚 

PART III 記憶と学習
9 海馬・大脳皮質と認知記憶 
10 扁桃体と情動記憶 
11 線条体、小脳と運動記憶 
12 記憶障害(アルツハイマー病、脳虚血) 

PART IV 体の調節
13 自律神経系,不安 
14 概日リズム,時計遺伝子,睡眠 
15 食欲、肥満 

PART V 統合,情動,気分
16 統合失調症 
17 気分障害(うつ、双極性障害) 
18 自閉症 
19 薬物依存

PART VI 発達
20 脳の形成 
21 神経細胞の分化 
22 神経回路網とシナプスの形成 
23 脳発達の臨界期

このページのトップへ