ホーム > スピン化学が拓く分子磁性の新展開

スピン化学が拓く分子磁性の新展開

設計から機能化まで

スピン化学が拓く分子磁性の新展開
著者 日本化学会
ジャンル 無機化学
無機化学 > 参考書
シリーズ CSJカレントレビュー
出版年月日 2014/08/01
ISBN 9784759813760
判型・ページ数 B5・212ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
ご購入の書店をお選びください
  • Amazon
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • TSUTAYA online
  • Honya Club.com
  • ローチケHMV
 
この本に関するお問い合わせ、感想
 

内容説明

日本が中心となって展開してきた有機物や錯体で磁気的性質を示すものを創り出す分子磁性の研究において,分子メモリーや分子スイッチなど,次世代の革新的な科学技術となるスピントロニクスを中心に,最先端の成果や関連分野の動向を解説.

このページのトップへ

目次

PartⅠ 基礎概念と研究現場
1章 フロントランナーに聞く
2章 Basic concept:有機分子磁性
金属錯体から磁性体へ
分子磁性の量子化学理論
3章 研究の歴史と将来展望:有機分子磁性
金属錯体分子磁性

PartⅡ 研究最前線
1章 有機磁性体
2章 励起状態高スピン化学とそのスピントロニクスへの展望
3章 スピン分極ドナーが拓く磁場応答型有機導電体
4章 縮合多環炭素中心型中性π-ラジカル・分子スピン電池
5章 高分子ラジカル電池
6章 分子スピン量子コンピュータと量子制御技術
7章 空間を使うスピン化学
8章 ダイナミック磁性体
9章 最近のキラル磁性の動向
10章 光スピンクロスオーバー強磁性体とキラル光磁性
11章 金属錯体一次元磁性鎖:ナノワイヤーから相転移化合物まで
12章 電子移動が絡む分子強磁性
13章 多機能性スピンクロスオーバー錯体
14章 マクロ現象とシンクロする原子価互変異性
15章 多重双安定性物質のスピン化学
16章 希土類単分子磁性
17章 f-d系およびf-p系単分子磁石
18章 単分子スピントロニクス

PartⅢ 役に立つ情報・データ
1) この分野を発展させた革新論文40
2) 覚えておきたい関連最重要用語
3) 知っておくと便利!関連情報

このページのトップへ