ホーム > 1分子ナノバイオ計測

1分子ナノバイオ計測

分子から生命システムを探る革新的技術

1分子ナノバイオ計測
著者 野地 博行
ジャンル 生化学・生物科学
生化学・生物科学 > その他参考書
シリーズ 化学フロンティア 
出版年月日 2014/06/30
ISBN 9784759807530
判型・ページ数 B5・240ページ
定価 本体4,600円+税
在庫 在庫あり
ご購入の書店をお選びください
  • Amazon
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • TSUTAYA online
  • Honya Club.com
  • ローチケHMV
 
この本に関するお問い合わせ、感想
 

内容説明

生体超分子の機能を解明するための究極の測定法である1分子計測では,たくさんの分子の平均値では隠れていた1分子ごとの動的挙動や少数派の状態を計測し,その動きを調べられるようになってきた.生体内の1分子の機能を解明するための画期的技術や計測法について,最新の知見と手法を紹介.

このページのトップへ

目次

I部.1分子ナノバイオ計測のあゆみ
座談会 1分子ナノバイオ 熱い夢を語る
概論 1分子ナノバイオ計測技術の歴史
Ⅱ部.ナノバイオ研究の現場
1章 ATP合成酵素
2章 光学顕微鏡を用いた大腸菌べん毛モーターの機能計測および蛍光イメージング
3章 リニアモーター:ミオシン
4章 リニアモーター:キネシン
5章 イオン透過装置:イオンチャネル
topics
Ⅲ部.実験と理論をつなぐ新たな展開
6章 ハイブリッド分子シミュレーションと実験研究の接点で見える生体分子機能のメカニズム
7章 全原子分子動力学計算が解き明かす回転分子モーターの作用機構
8章 粗視化シミュレーションと実験科学
9章 タンパク質立体構造のデザイン原理
10章 分子モーターの1分子実験熱力学
topics
Ⅳ部.1分子からシステムへの応用
11章 生体分子システム学概論
12章 膜タンパク質の動的相互作用による情報戦略
13章 転写翻訳1細胞定量測定
14章 細胞内情報処理反応の1分子計測:タンパク質ダイナミクスと分子認識
15章 蛍光タンパク質が拓く超解像技術
16章 ラマン散乱による分子イメージング
topics

このページのトップへ