ホーム > エピジェネティクス

エピジェネティクス

その分子機構から高次生命機能まで

エピジェネティクス
立ち読みする
著者 田嶋 正二
ジャンル 生化学・生物科学
生化学・生物科学 > その他参考書
シリーズ DOJIN BIOSCIENCE SERIES
出版年月日 2013/11/29
ISBN 9784759815122
判型・ページ数 B5・296ページ
定価 本体6,000円+税
在庫 在庫あり
ご購入の書店をお選びください
  • Amazon
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • TSUTAYA online
  • Honya Club.com
  • HMV&BOOKS online
 
この本に関するお問い合わせ、感想
 

内容説明

従来のセントラルドグマ仮説とは別に,DNA塩基配列の変化を伴わない遺伝子発現の制御が,近年,大いに注目されている.本書は,前半でエピジェネティクスの基礎を解説し,後半で関連する生命現象や疾患を取り上げる.ゲノム解読後,今日までの研究成果を取り入れた,学生にも研究者にも勧めたい一冊.

正誤表(2刷) 

このページのトップへ

目次

Part Ⅰ エピジェネティクスの基礎
1章 DNAメチル化の生化学 (田嶋正二)
2章 植物のDNAメチル化 (角谷徹仁・保坂 碧)
3章 ヒストン修飾概論 (眞貝洋一)
4章 ヒストンのアセチル化制御 (中山潤一・西淵剛平)
5章 ヒストンのメチル化と脱メチル化 (束田裕一)
6章 RNAiとエピジェネティクス制御 (村上洋太)
7章 ポリコーム群タンパク質 〔古関明彦・藥師寺(上夏井)那由他〕
8章 クロマチンリモデリング因子 (広瀬 進)

Part Ⅱ エピジェネティクスがかかわる高次機能
9章 神経発生 (中島欽一・松田泰斗)
10章 ゲノムインプリンティング (石野史敏)
11章 X染色体の不活性化 (佐渡 敬)
12章 多能性幹細胞 (多田 高)
13章 植物の花の色 (星野 敦・飯田 滋)
14章 がんとエピジェエネティクス (牛島俊和・竹島秀幸・服部奈緒子)
15章 神経疾患のエピジェネティクス (加藤忠史・岩本和也・文東美紀)

このページのトップへ