ホーム > 揺らぎ・ダイナミクスと生体機能

揺らぎ・ダイナミクスと生体機能

物理化学的視点から見た生体分子

揺らぎ・ダイナミクスと生体機能
立ち読みする

生体分子の反応を化学反応として分子論的に詳説

著者 寺嶋 正秀
ジャンル 生化学・生物科学
シリーズ DOJIN BIOSCIENCE SERIES
出版年月日 2013/09/30
ISBN 9784759815108
判型・ページ数 B5・368ページ
定価 本体7,500円+税
在庫 在庫あり
ご購入の書店をお選びください
  • Amazon
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • TSUTAYA online
  • Honya Club.com
  • ローチケHMV
 
この本に関するお問い合わせ、感想
 

内容説明

揺らぎという観点から生体分子のダイナミクスを見ることにより,生体分子の反応を化学反応として分子論的に理解する.物理化学的視点から生体分子を研究する手法の基礎から先端的な結果までを詳説.

このページのトップへ

目次

Part I タンパク質反応研究の基礎
1章 揺らぎと生体反応概論
2章 分光法
3章 生体分子の熱量測定
4章 一分子計測
5章 NMR
6章 変異導入法
7章 理論
8章 X線・中性子散乱
Part II 生体分子反応
9章 高圧力NMR
10章 新しい時間分解測定:拡散係数と熱力学量
11章 アミロイド線維の構造と形成機構―研究の歴史と現在の試み―
12章 フォールディング・ダイナミクス
13章 天然変性タンパク質
14章 生体膜
Part III 機能とダイナミクス
15章 モータータンパク質
16章 イオンチャンネル―チャネルとその機能をつなぐ膜―
17章 タンパク質の揺らぎと機能―結合と触媒―
18章 分子認識の統計力学・実験と創薬
19章 がん治療

このページのトップへ