ホーム > 生化学

生化学

基礎と工学

生化学

“応用を見据えた生化学の基礎”という観点に立って著された入門的教科書

著者 左右田 健次 編著
川嵜 敏祐
菊池 正和
黒坂 光
西野 徳三
福井 成行
ジャンル 生化学・生物科学
生化学・生物科学 > 生化学教科書
出版年月日 2001/03/01
ISBN 9784759808827
判型・ページ数 B5・320ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
ご購入の書店をお選びください
  • Amazon
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 紀伊国屋書店
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • TSUTAYA online
  • Honya Club.com
  • エルパカBOOKS
 
 

内容説明

“応用を見据えた生化学の基礎”という観点に立って著された入門的教科書.前半部では,バイオテクノロジーや医学分野への応用にあたって基礎となる事項が解説され,後半部では,現代の最先端技術である遺伝子工学・タンパク質工学・細胞工学の概要が紹介される.

このページのトップへ

目次

1章 生化学の基礎
(生命とその誕生/生物の多様性/細胞/生命の化学的環境/生体分子における化学結合)
2章 生体を構成する物質
(アミノ酸/ペプチドとタンパク質/糖質/脂質/核酸/ビタミンと微量元素)
3章 酵素とその働き
(酵素の定義およびその分類と命名法/酵素活性の単位と活性表示/酵素の触媒としての特性/補酵素/ペプチド・ビルトイン型補酵素/補欠金属/酵素阻害剤/酵素反応速度論/触媒機構/酵素の作用)
4章 物質代謝とエネルギー代謝
(代謝の基礎/糖代謝/電子伝達系と酸化的リン酸化/脂質代謝/アミノ酸代謝/核酸の代謝/代謝調節とその応用)
5章 遺伝子と遺伝情報
(複製,修復,組換え/遺伝情報の発現/遺伝子発現の調節/バクテリオファージ)
6章 遺伝子工学とタンパク質工学
(組換えDNA/遺伝子のクローニング/組換えタンパク質/遺伝子工学の応用/タンパク質工学)
7章 生体膜と細胞工学
(生体膜/細胞融合と細胞工学)

このページのトップへ