ホーム > 動植物の受精学

動植物の受精学

共通機構と多様性

動植物の受精学
著者 澤田 均
ジャンル 生化学・生物科学
生化学・生物科学 > その他参考書
シリーズ DOJIN BIOSCIENCE SERIES
出版年月日 2014/04/20
ISBN 9784759815146
判型・ページ数 B5・340ページ
定価 本体7,000円+税
在庫 在庫あり
ご購入の書店をお選びください
  • Amazon
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • TSUTAYA online
  • Honya Club.com
  • ローチケHMV
 
この本に関するお問い合わせ、感想
 

内容説明

これまで受精のしくみは生物種間でかなり異なると考えられてきたが,近年,配偶子形成や融合の機構には動植物で共通の原理が存在することが明らかになってきた.受精機構の研究は農学・医学など多岐にわたる分野での応用が期待されている.さまざまな動植物の受精のしくみを解説するとともに,受精研究の最新の知見を紹介する.「受精」という生命の根幹にかかわる機構を生物種横断的にまとめた意欲的な専門書.

このページのトップへ

目次

序章 生殖と性 

PartⅠ 見えてきた受精の基本原理
1章 動物と植物の受精機構;その多様性と共通性
2章 配偶子融合;動植物・原生生物の受精に共通する配偶子融合因子 

PartⅡ 単細胞生物と植物の受精
3章 細胞性粘菌の有性生殖
4章 藻類の有性生殖
5章 コケ・シダ植物の受精
6章 被子植物の受精1;自家不和合性因子の多様性と共通原理
7章 被子植物の受精2;花粉管の伸長とガイダンス,配偶子の融合,核の合一

PartⅢ 動物の受精
8章 線虫の受精
9章 刺胞動物(クラゲ)の受精
10章 棘皮動物の受精
11章 原索動物(ホヤ)の受精
12章 軟体動物の受精
13章 両生類の受精
14章 鳥類(ニワトリ,ウズラ)の受精
15章 哺乳類における受精の分子メカニズム

PartⅣ 受精様式と進化
16章 同形配偶子生殖から卵精子生殖への進化
17章 精子運動の活性化と走化性
18章 受精とオルガネラ;ミトコンドリア,プラスチド,ペルオキシソーム

このページのトップへ