ホーム > 膜タンパク質構造研究

膜タンパク質構造研究

膜タンパク質構造研究
著者 岩田 想
ジャンル 生化学・生物科学
生化学・生物科学 > 生化学参考書
出版年月日 2013/10/15
ISBN 9784759815610
判型・ページ数 A4変・242ページ
定価 本体4,800円+税
在庫 在庫あり
ご購入の書店をお選びください
  • Amazon
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • TSUTAYA online
  • Honya Club.com
  • ローチケHMV
 
この本に関するお問い合わせ、感想
 

内容説明

立体構造解析が難関とされてきた「膜タンパク質」は,細胞機能の解明や創薬における重要ターゲットでもあり,その構造と機能の解明にはますます期待が寄せられている.本書では,第一線の研究者自らが,膜タンパク質構造研究のための技術を丁寧に解説.最新の知見と技術革新の詳細,そして課題を明らかにし,研究のさらなる躍進を促す.

*『膜タンパク質構造研究』の図版をカラーで見る

このページのトップへ

目次

Ⅰ.膜タンパク質の構造と機能 ―最近の研究例より(ヒスタミン受容体/V-ATPase/トランスロコン/光化学系Ⅱ複合体/他) 
Ⅱ.膜タンパク質構造研究のための技術 
1.膜タンパク質の発現と精製(酵母/メタノール資化性酵母/無細胞系/昆虫細胞/動物細胞) 
2.結晶化(界面活性剤や脂質の選択/抗体/脂質キュービック相/他) 
3.X線構造解析(放射光マイクロビーム/自由電子レーザー) 
4.その他の観察法(NMR/二次元結晶法/トモグラフィー解析/1分子観察/AFM) 
5.コンピュータを用いたアプローチ(バイオインフォマティクス/リガンド予測/シミュレーション)

このページのトップへ